理解しておきたい外貨預金のリスク

外貨預金は銀行普通預金と比較して利子が大きくお得だという紹介で宣伝がされています。しかしこの外貨預金、メリットばかりでリスクの説明が不十分という気がします。一方的に儲けられるというような上手い話はそうそうありません。外貨預金は運用を間違えますと資産が増えるどころか大きく減らしてしまう可能性も高いので、その点をはっきり理解してから外貨預金を知る必要があるかと思います。お金の事なので慎重になる必要があるのです。

外貨預金でお金が減るという状況なのですが、通貨間の貨幣価値の差、分かりやすく言いますと為替レート変動による損失という危険があります。ドルで外貨預金を積み立てしましたとして、1ドルが100円の時購入した場合、引き出すときにこの数字が下がっていた場合、通貨差による損失が発生します。数字の差が大きくなるほど損失額が大きくなりますので、選ぶ通貨は現在経済状況が安定している国のものを選ぶといった工夫をする必要があるのです。

今日本は急激な円安になっているので、そうそう通貨価値で損失を出してしまうことは無いかと思います。しかし一寸先は何が起こるのか分からないのが為替の世界です。その点を考慮して、慎重な取引きをして欲しいと思います。